人の歯は年輪のようなもの。暮らしぶりなどは、鮮明に読み取ることができるのよね。

審美歯科と一般歯科との違いについて

最先端の審美歯科

話しているとき、相手のどこを見ていますか。目元ですか。それとも、全体でしょうか。
次にどんな言葉を発するのか、待っている時には、口元の唇に視線が行くのは、自然なことだと私は思うのですが、いかがでしょうか。

日頃より、言葉を発する口元はとても重要なのではないかと、みんなが思っているのでは無いでしょうか。だって、口紅が売れるのも、綺麗な口元を演出したいからでは無いでしょうか。
意識しているから手入れをしたりするのでは無いでしょうか。
最近、風邪やインフルエンザが流行していることもあり、マスクを着用している人も沢山いますよね。それは、顔を隠す効果もあるから、風邪ではなくてもマスクを着用しているという話を聞いたことがあります。実際に、私もマスクを着用してみると、他者との距離感が、楽に感じることもありました。苦手だと思う人との距離保つことができる効果もあるのよね。と、いうことは、親しくなりたい人とは、マスクをしていると逆効果ということでしょうか。

野生の勘として、こちらが心を開くと、相手も心を開くとでもいうのでしょうか。マスクをしていると、何かしらの壁と感じてしまうような感覚ですかね。その大げさなのが、ヘルメットでしょうか。顔まで隠れるヘルメットを着用したままだと、入店を拒まれる店舗もあるのですからね。

話がそれてしましましたね。
綺麗な顔と表情は、人間関係を構築する上で、欠かせないということを伝えたかったのです。